たるみやシワは手術で改善【最新テクで妖怪肌とおさらば】

シワが消える注射

注射

年齢を重ねることによって、人は誰でも外見に老いを感じてしまうものです。よくシワなどを気にする人が多いのですが、美容外科でヒアルロン酸注射やボトックス注射などを行なうことによって、外見の若々しさは取り戻せます。

詳細を確認する...

美容皮膚科で綺麗な肌

肌

美容皮膚科の知っておくと良いことは皮膚科との違いです。治療を目的としているのではなく美を追求している診療を行っています。費用は、保険適応外治療となるため、自己負担で高くなりがちです。内容によって異なりますが30万円以上する診療もあります。

詳細を確認する...

老け見えの原因

従来の治療方法について

シワ

眼球は眼窩と呼ばれる頭蓋骨のくぼみにすっぽりと収まっています。この眼窩と眼球の間には薄い脂肪層が挟まれています。眼球が直接骨にあたっていたのでは眼球に傷がついてしまいます。また、摩擦のせいでスムーズに眼球を動かすことができません。でも、間に脂肪層があるおかげで眼球を傷つけることなくスムーズに動かすことができるようになっています。しかし、年を取るにしたがって脂肪層を支えている筋肉の力が衰えてしまい、脂肪層が下がっていくようになります。そして、下垂した脂肪層が目の下に飛び出して皮膚のたるみを作ります。目の下の皮膚がたるむと見た目の印象がグッと老け込んでしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。従来は、下まつげの生え際にメスを入れて、たるんだ皮膚と一緒にたるみを生じさせている脂肪を切除する手術が行われるのが一般的になっていました。この方法であれば、目の下のたるみを確実になくすことができるので、実際に多くの人がこの手術を受けていました。しかし、目の下に傷跡が残るというデメリットがあるため、最近ではこの方法を選ぶ人の数が少なくなってきています。

現在行われている治療とは

最近は、皮膚を切らずに目の下のたるみを取る治療が採用されるケースが増えてきています。たとえば、下まつげの生え際にメスを入れなくても、下まぶたの裏側から余分な脂肪を除去することができます。この場合、たるんだ皮膚自体を切除することはできませんので、たるみの症状を改善することができないのではないかと心配する人がいます。確かにたるみの症状が重い場合には、皮膚を切除しない限りたるみをスッキリとなくすことができません。でも、それほど症状が重くない場合であれば、下垂した脂肪を切除するだけで目の下のたるみを解消することができます。下まぶたの裏側から脂肪を除去する手術は、経結膜脱脂術という名前で呼ばれています。メスを使わずに特殊な手術器具で結膜に小さな穴を開ける方法であるため、傷の治りが早いというメリットがあります。